« 引き継ぎ時、金庫は空っぽ…機密費で平野長官 | トップページ | 09年度税収、36兆円以下も=仙谷担当相 »

普通国債発行、140兆円超 新規・借換債、10年度計画最大に

政府が12月下旬にまとめる2010年度の国債発行計画で、新規国債と借換債を合わせた普通国債の発行額が初めて140兆円超となり、過去最大を更新する見通しであることが明らかになった。これまで発行した国債の返済に充てる借換債が100兆円規模に上り、新規国債も44兆円規模と当初予算ベースで過去最大の見通しとなるためだ。

 普通国債は借換債と新規国債を合わせたもので、利払いや償還財源を主に税財源で賄う。10年度の普通国債発行額は09年度の当初予算ベースに比べて20兆円前後増え、これまで最大だった06年度の約138兆円を上回る公算が大きい。

|

« 引き継ぎ時、金庫は空っぽ…機密費で平野長官 | トップページ | 09年度税収、36兆円以下も=仙谷担当相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通国債発行、140兆円超 新規・借換債、10年度計画最大に:

« 引き継ぎ時、金庫は空っぽ…機密費で平野長官 | トップページ | 09年度税収、36兆円以下も=仙谷担当相 »