« 株安、世界に連鎖 ドバイ信用不安、引き金 | トップページ | 日産、電気自動車の走行距離2倍に 電池新技術で300キロ »

事業仕分け、1.7兆円捻出 目標の3兆円は届かず

政府の行政刷新会議の作業グループは27日、2010年度予算の概算要求の無駄を洗い出す「事業仕分け」を終えた。廃止や縮減などを求めた事業の削減総額は7000億円規模となった。国が財源を拠出する独立行政法人などの基金や、特別会計の積立金などからの国庫返納要求額は1兆円規模に上り、1.7兆円の財源捻出(ねんしゅつ)効果を見込む。

 行刷会議は鳩山由紀夫首相も出席して30日に会合を開き、仕分け結果を大筋で了承する見通しだ。作業グループは11日から2度に分けて9日間議論して約450事業を仕分け、100程度の事業について廃止や予算計上見送りを求めた。政府は約95兆円と過去最大に膨らんだ来年度予算の概算要求から、事業仕分けなどで3兆円超を削減する方針を示してきた。今後は査定での削減幅が焦点となる。

|

« 株安、世界に連鎖 ドバイ信用不安、引き金 | トップページ | 日産、電気自動車の走行距離2倍に 電池新技術で300キロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け、1.7兆円捻出 目標の3兆円は届かず:

« 株安、世界に連鎖 ドバイ信用不安、引き金 | トップページ | 日産、電気自動車の走行距離2倍に 電池新技術で300キロ »