« 事業仕分け、1.7兆円捻出 目標の3兆円は届かず | トップページ | 鳩山内閣、「景気」「日米」は低評価 世論調査、「仕分け」が下支え »

日産、電気自動車の走行距離2倍に 電池新技術で300キロ

 日産自動車は従来に比べて充電できる電気の容量が2倍になる電気自動車用リチウムイオン電池の開発にメドをつけた。電池の心臓部である電極に充電容量が大きい材料を採用。これまで課題だった耐久性を解決した。1回の充電で従来の約2倍に当たる300キロメートルの走行が可能で、同社は2015年までに電気自動車への搭載を目指す。

 開発では東京大学と神奈川大学の協力を得た。成果は30日に京都市で始まる電池討論会で発表する。リチウムイオン電池では、主要部品である電極の性能が充電容量を大きく左右する。日産は正極の材料を改良。現在の主原料であるマンガンに、ニッケルとコバルトを加えた複合材料を採用した。

|

« 事業仕分け、1.7兆円捻出 目標の3兆円は届かず | トップページ | 鳩山内閣、「景気」「日米」は低評価 世論調査、「仕分け」が下支え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産、電気自動車の走行距離2倍に 電池新技術で300キロ:

« 事業仕分け、1.7兆円捻出 目標の3兆円は届かず | トップページ | 鳩山内閣、「景気」「日米」は低評価 世論調査、「仕分け」が下支え »