« アジア投信・株、個人の取引急増 株価回復で運用成績改善 | トップページ | 「小沢学校」ハードな日々、あいさつから勉強会まで 新人議員 »

西川前社長「郵政見直しで非効率に」 分社再編を懸念

日本郵政の西川善文前社長は15日のテレビ朝日の番組で、政府の郵政事業見直しについて「非常に非効率な組織が生まれる」と懸念を表明した。政府は郵便・貯金・保険の事業を一体運営するよう、分社体制を再編する考え。西川氏は民営化前の日本郵政公社時代の体質に逆戻りしかねないとの見方を示したものとみられる。

 政府は郵便局網を行政拠点として活用する方針も打ち出した。西川氏は収益がきちんと上がる経営が必要だとの見解を示した。「上場して市場規律を働かせ、(採算が悪化して)国民負担につながる事態は避けなければならない」と訴えた。

 同番組には丹羽宇一郎・日本郵政前社外取締役(伊藤忠商事会長)も出演した。亀井静香郵政・金融担当相ら政府が主導した今回の郵政人事について「株式会社組織のガバナンスを無視している」と不満を述べ、会社法に沿った手続きを求めた。

|

« アジア投信・株、個人の取引急増 株価回復で運用成績改善 | トップページ | 「小沢学校」ハードな日々、あいさつから勉強会まで 新人議員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西川前社長「郵政見直しで非効率に」 分社再編を懸念:

« アジア投信・株、個人の取引急増 株価回復で運用成績改善 | トップページ | 「小沢学校」ハードな日々、あいさつから勉強会まで 新人議員 »