« JTB、国内200店閉鎖 11年度メド、ネット強化し商品倍増 | トップページ | ドバイ失速、国際金融に影 新興国リスク再び »

円、市場になお先高観 業績懸念、株安招く

 円相場が約14年ぶりに1ドル=86円台前半まで上昇するなか、市場では円の先高観が依然消えていない。政府・日銀が円売り・ドル買い介入に踏み切ることには懐疑的な見方が優勢だ。一部には80円を超えて円最高値を更新する可能性を指摘する声もある。株式市場でも輸出企業を中心に業績悪化懸念が強まっており、一段の株安への懸念が強い。

 米金融緩和の長期化観測を背景にドル安が進むなか、市場では「円がドル売りの受け皿になっている」(みずほコーポレート銀行の兼平修一氏)との見方で一致している。26日には藤井裕久財務相が円売り介入の可能性をにおわせたが、市場関係者の間では介入実施に否定的な見方が多い。JPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏は「民主党よりも円高に厳しかった自民党政権でさえ、5年以上も介入していない」と指摘する。

|

« JTB、国内200店閉鎖 11年度メド、ネット強化し商品倍増 | トップページ | ドバイ失速、国際金融に影 新興国リスク再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円、市場になお先高観 業績懸念、株安招く:

« JTB、国内200店閉鎖 11年度メド、ネット強化し商品倍増 | トップページ | ドバイ失速、国際金融に影 新興国リスク再び »