« ドバイ・ショック直撃で日本経済にトドメ | トップページ | リーダーが持つべき7つの能力 »

NY円、一時90円台後半まで急落

4日のニューヨーク外国為替市場で円相場は急落。前日の終値と比べ2円30銭円安・ドル高の1ドル=90円50~60銭で取引を終えた。11月の米雇用統計で、雇用者数の前月比の減少幅が1万1000人と大幅に縮小。米雇用情勢の改善期待で、円売り・ドル買いが膨らんだ。米国債利回りが大幅に上昇したことから、日米の金利差を意識した円売り・ドル買いも出た。円は一時90円78銭と10月6日以来の円安・ドル高水準を付けた。

 円の対ドル相場は10月下旬以来の4日続落。米雇用者数の減少幅が市場予想(12万5000人減)を大幅に下回り、失業率も10%ちょうどと前の月から0.2ポイント低下した。米雇用情勢の改善を受けて、米連邦準備理事会(FRB)による超低金利政策が予想ほど長期化しないとの見方もドルの買い戻しを誘った。商品先物市場ではドルの代替投資先として買われていた金相場が急落。ドル売り・金先物買いの持ち高を手じまう動きが出たとの指摘もあった。

|

« ドバイ・ショック直撃で日本経済にトドメ | トップページ | リーダーが持つべき7つの能力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NY円、一時90円台後半まで急落:

« ドバイ・ショック直撃で日本経済にトドメ | トップページ | リーダーが持つべき7つの能力 »