« 時速350キロで営業運転 武漢―広州の高速鉄道、26日開通 | トップページ | 世界の株価26%上昇 09年は10年ぶり高い伸び、政策協調を好感 »

三菱UFJ銀、中国本土で元建て債 外資初、資金を安定供給

中国政府は外資系銀行に中国本土で人民元建て金融債券の発行を解禁する。24日、三菱東京UFJ銀行の中国法人が第1号の認可を取得、年明けから起債の準備に入る。直接資本市場から中長期資金の調達ができるようになることで、中国に進出した日系企業などに対する人民元の安定的な融資につながりそうだ。

 中国銀行業監督管理委員会が三菱東京UFJ銀の中国法人に対し、これまで国内銀行に限定していた中国本土での銀行間(インターバンク)債券市場における人民元建て金融債券の発行を認可した。同行は年明けから金額や期間などの条件を詰めるなど具体的な起債準備に入り、中国人民銀行(中央銀行)に申請する。

|

« 時速350キロで営業運転 武漢―広州の高速鉄道、26日開通 | トップページ | 世界の株価26%上昇 09年は10年ぶり高い伸び、政策協調を好感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱UFJ銀、中国本土で元建て債 外資初、資金を安定供給:

« 時速350キロで営業運転 武漢―広州の高速鉄道、26日開通 | トップページ | 世界の株価26%上昇 09年は10年ぶり高い伸び、政策協調を好感 »