« アジア株式型投信ランキング、インド株が上位独占 09年12月末 | トップページ | 国の総予算、4%増215兆円に 10年度、「組み替え」実らず »

世界粗鋼生産、09年は8%減 中国のシェア、半分近くに

世界の鉄鋼業界で中国など新興国の存在感が増している。世界鉄鋼協会(ワールドスチール)によると、2009年の世界の粗鋼生産量は前年比8%減の12億1970万トン。2年連続で前年割れとなったが、欧米に比べ景気回復が早い首位の中国が13.5%増。世界の粗鋼生産シェアの半分近くを握り、生産規模は米国の約10倍に達した。

 中国の生産量は5億6780万トンと過去最高の水準を更新。世界の粗鋼シェアは08年から8.9ポイント上昇し、46.6%に達した。公共事業の拡大で鋼材需要が増えたほか、09年の新車販売台数で米国を抜いた自動車などの生産が堅調だった。ただ、鋼材輸出も回復しなければ、過剰設備の問題が一段と深刻になる恐れを抱えている。

 中国やインド、ロシア、ブラジルのBRICsの粗鋼生産シェアは58.3%で08年の49.6%から大きく上昇。ロシアやブラジルは生産が減少したが、インドは2.7%増。上位10カ国で中国とインドだけが前年実績を上回った。

|

« アジア株式型投信ランキング、インド株が上位独占 09年12月末 | トップページ | 国の総予算、4%増215兆円に 10年度、「組み替え」実らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界粗鋼生産、09年は8%減 中国のシェア、半分近くに:

« アジア株式型投信ランキング、インド株が上位独占 09年12月末 | トップページ | 国の総予算、4%増215兆円に 10年度、「組み替え」実らず »