« 日航が更生法 負債2.3兆円、事業会社最大 再生機構は支援決定 | トップページ | アジア株式型投信ランキング、インド株が上位独占 09年12月末 »

中国の不動産開発投資、09年は16.1%増 年後半に急回復

中国国家統計局は19日、2009年の住宅やオフィスビルなど不動産開発への投資額が前年比16.1%増の3兆6232億元(約48兆円)になったと発表した。09年前半は金融危機の影響で不振が続いたが、不動産価格の高騰で年後半に急回復した。不動産開発投資の拡大が中国経済を押し上げている格好だ。

 中国の主要70都市の不動産価格は09年6月に前年同月比プラスに転じ、12月は7.8%上昇と1年半ぶりの高い伸び率となった。価格の上昇につれて不動産開発投資も急速に持ち直し、09年に新規着工した住宅などの建築面積は前年比12.5%増の11億5400万平方メートルに達した。

 中国では固定資産投資(建設投資と設備投資の合計)のうち不動産向けが2割を占め、その動きは景気に大きな影響を及ぼす。金融緩和の副作用で不動産バブルの懸念が強まる一方、中国政府は住宅価格の下落で不動産投資が減少するのを恐れている面もある。

|

« 日航が更生法 負債2.3兆円、事業会社最大 再生機構は支援決定 | トップページ | アジア株式型投信ランキング、インド株が上位独占 09年12月末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の不動産開発投資、09年は16.1%増 年後半に急回復:

» 不動産投資ブログから学ぶ [老後の資産運用セミナー −失敗しない投資−]
現在インターネット上には、様々な不動産投資のブログが開設されています。個人的に開設している方のブログは、自分が実際に不動産投資を行なった体験談を紹介しているものが多く、不動産投資を行ないたいと考えている方は何かと参考になることが多いと思います。中には成功談ばかりを掲載しているブログも多く見ますが、このようなブログは何かしら商材的なものの販売を目的としているものがほとんどですので、注意しながら見... [続きを読む]

受信: 2010年1月21日 (木) 23時29分

« 日航が更生法 負債2.3兆円、事業会社最大 再生機構は支援決定 | トップページ | アジア株式型投信ランキング、インド株が上位独占 09年12月末 »