« 3D映像が話題の映画「アバター」、興行収入が10億ドル突破 | トップページ | 「iPhone」普及台数、日本が伸び率世界一 »

米新車販売、09年は21%減の1042万台 トヨタ、個人向け初の首位

トヨタ自動車は5日、2009年通年の米新車販売台数が前年比2割減の177万台だったと発表した。レンタカー会社など法人向けを除く「個人向け」では約160万7000台と、約157万台だった米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜き初めて首位に立った。法人向けを合わせた合計では、GMが同3割減ながら約208万台となり、首位を維持した。

 米調査会社オートデータが5日まとめた09年通年の米新車販売台数(速報値)は、前年比21%減の1042万9528台だった。米市場はピーク時に1700万台を誇ったが、経済危機の影響で大きく目減りした。

 ただ、昨年12月単月の販売台数は103万台と前年同月から15%増加しており、回復基調が鮮明になった。米自動車各社は10年の市場規模が「1100万~1200万台に回復する」(GM)と予測している。

|

« 3D映像が話題の映画「アバター」、興行収入が10億ドル突破 | トップページ | 「iPhone」普及台数、日本が伸び率世界一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米新車販売、09年は21%減の1042万台 トヨタ、個人向け初の首位:

« 3D映像が話題の映画「アバター」、興行収入が10億ドル突破 | トップページ | 「iPhone」普及台数、日本が伸び率世界一 »