« ミサワ、太陽光発電付き住宅の排出枠を個人から取得 | トップページ | 3D映像が話題の映画「アバター」、興行収入が10億ドル突破 »

米企業、10四半期ぶり増益 10~12月、最終益3倍に

米主要企業は2009年10~12月期に07年4~6月期以来、10四半期ぶりの最終増益に転じる見通しだ。金融市場が安定してきたことを受け、金融業の損益が大幅改善する。米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和などを支えに米景気が底打ちに転じていることも追い風で、最終利益は前年同期の3倍と異例の伸びになる見込みだ。

 米主要企業の最終利益は住宅バブルの崩壊が鮮明になった07年7~9月期から、統計開始以来で最長となる9四半期連続の減益が続いていた。米調査会社トムソン・ロイターによる昨年12月31日時点のアナリスト予想の集計では、米主要500社の10~12月期の売上高は前年同期比7%増、最終利益は同203%増。

|

« ミサワ、太陽光発電付き住宅の排出枠を個人から取得 | トップページ | 3D映像が話題の映画「アバター」、興行収入が10億ドル突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米企業、10四半期ぶり増益 10~12月、最終益3倍に:

« ミサワ、太陽光発電付き住宅の排出枠を個人から取得 | トップページ | 3D映像が話題の映画「アバター」、興行収入が10億ドル突破 »