« 高速無料化、地方に限定 1600キロ、6月めど実施 | トップページ | ハウステンボス巡り国交相「支援機構活用も」 »

家計の資産、118兆円減 08年、過去最大の落ち込み

 内閣府が29日発表した2008年末の国民経済計算(確報)によると、土地や株式、現預金など日本の家計が持つ資産残高は2419兆円と、前年同期に比べて118兆円(4.7%)減少した。比較可能な1980年以降で最大の落ち込みを記録した。世界的な金融危機の影響で株式の価値が目減りしたほか、土地の値段が下がったことも響いた。

 資産から負債を差し引いた家計の正味資産は5.4%減の2046兆円で、88年以来の低水準になった。

 企業、政府などを加えた08年末の国民資産残高は前年同期比5.1%減の8016兆円と2年連続で減少した。資産から負債を差し引いた正味資産(国富)は2783兆円と3年ぶりに減った。株安などが影響したほか、円高で対外純資産の円換算での評価価格も下がった。

|

« 高速無料化、地方に限定 1600キロ、6月めど実施 | トップページ | ハウステンボス巡り国交相「支援機構活用も」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家計の資産、118兆円減 08年、過去最大の落ち込み:

« 高速無料化、地方に限定 1600キロ、6月めど実施 | トップページ | ハウステンボス巡り国交相「支援機構活用も」 »