« 35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生 | トップページ | 「国の借金」、過去最大の973兆円に 10年度末、1人あたり763万円 »

年金改革、参院選前に着手 政府前倒し、消費増税にらむ

 政府は25日、今夏の参院選前に、年金制度の抜本改革のための関係省庁による協議会を設置する検討に入った。衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた税方式の「最低保障年金」を柱とする新たな年金制度の制度設計について、当初方針の「2012年度以降」から大幅に前倒しする。税と社会保障の共通番号制度の導入に向けた議論とあわせ、参院選に向けて国民の関心が高い社会保障の抜本改革に取り組む姿勢を打ち出す。将来の消費税増税の地ならしとする狙いもある。

 協議会は財務、厚生労働両省や国家戦略室などの閣僚ら政務三役を中心に構成する方向。支払った保険料に応じて給付額が決まる「所得比例年金」と、消費税を財源とする満額月7万円の「最低保障年金」の給付水準など具体的な制度設計と財源手当て策が議論のポイントになる。年金制度の一元化のため、保険料を労使折半してきたサラリーマンと自営業者との負担調整も課題だ。

|

« 35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生 | トップページ | 「国の借金」、過去最大の973兆円に 10年度末、1人あたり763万円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金改革、参院選前に着手 政府前倒し、消費増税にらむ:

« 35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生 | トップページ | 「国の借金」、過去最大の973兆円に 10年度末、1人あたり763万円 »