« 家計の資産、118兆円減 08年、過去最大の落ち込み | トップページ | 11年度の社会保障財源、6兆円不足 菅財務相「特会を徹底見直し」 »

ハウステンボス巡り国交相「支援機構活用も」

 長崎県を視察で訪問中の前原誠司国土交通相は30日、同県の大型テーマパーク、ハウステンボス(HTB、佐世保市)の再建問題について「企業再生支援機構などの活用を含め検討したい」と同施設の支援に前向きな考えを示した。同日午後には佐世保市の朝長則男市長が前原国交相に対しHTBの再建支援を申し入れている。

 長崎県雲仙市で記者団の質問に応じた。前原国交相は同日、HTBの支援企業候補である旅行業大手、エイチ・アイ・エス(HIS)の沢田秀雄会長に対し「HISの支援がうまくいく仕組みを考えたい」と電話で伝えたという。県・市や九州経済界に加え、国が支援に加わればHISの最終判断に影響を与えそうだ。

 HTBの再建問題を巡っては、長崎県がHTB内の港湾施設と一部道路を県有化するほか、佐世保市も固定資産税相当額(年間約9億円)を奨励金として10年間HISに支給する方針を固めている。しかし、HISは「ホテルなど施設の改修費用が想定を大幅に上回る見通しになり支援が難しい」との意向を自治体などに伝えていた。

|

« 家計の資産、118兆円減 08年、過去最大の落ち込み | トップページ | 11年度の社会保障財源、6兆円不足 菅財務相「特会を徹底見直し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウステンボス巡り国交相「支援機構活用も」:

« 家計の資産、118兆円減 08年、過去最大の落ち込み | トップページ | 11年度の社会保障財源、6兆円不足 菅財務相「特会を徹底見直し」 »