« 環境車の安全に日本案 国連採用、世界標準に | トップページ | 米企業、10四半期ぶり増益 10~12月、最終益3倍に »

ミサワ、太陽光発電付き住宅の排出枠を個人から取得

 ミサワホームは自社の太陽光発電システム搭載住宅を持つ個人の二酸化炭素(CO2)排出枠を取りまとめて認証を受ける事業を2010年に始める。中小企業などの省エネ支援の見返りに排出枠を得る「国内クレジット制度」を活用。住宅所有者を中小企業とみなして排出枠を買い取り、将来は排出枠の売却資金を植林など環境貢献活動にあてる。住宅は個々の削減は小さくてもまとめれば大きな排出枠になる可能性がある。

 経済産業省から同制度の事業承認を近く受ける見通し。ミサワは同住宅の購入者を組織化し、会員世帯で発電した電力のうち、売電分を除いた電力量を把握。標準的なシステムでは1世帯で年間1トンほどの排出枠が生まれる。

|

« 環境車の安全に日本案 国連採用、世界標準に | トップページ | 米企業、10四半期ぶり増益 10~12月、最終益3倍に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミサワ、太陽光発電付き住宅の排出枠を個人から取得:

« 環境車の安全に日本案 国連採用、世界標準に | トップページ | 米企業、10四半期ぶり増益 10~12月、最終益3倍に »