« 11年度の社会保障財源、6兆円不足 菅財務相「特会を徹底見直し」 | トップページ | 国保、赤字なお2300億円 08年度、保険料納付率は最低 »

太陽光発電1000万世帯に 政府、温暖化ガス削減へ行程表

 2020年までに国内の温暖化ガス排出量を1990年比25%減らす目標達成に向け、政府が検討しているロードマップ(行程表)案が明らかになった。25%のうち最低6割の15%分を国内削減(真水)で実現し、残りを海外からの排出枠などで賄う。ハイブリッド車の普及率や太陽光発電の導入目標も示した。ただ、企業や家計の負担は大きく、実現のハードルはなお高い。主要排出国が参加する国際合意が実行の前提となる。

 行程表案は環境省を中心に作成。週内に開く地球温暖化問題に関する閣僚委員会の副大臣級検討チームに提示する。対策例として高効率給湯器を住宅の80%以上に普及させるほか、新築住宅のすべてに最高基準の断熱性能を持たせることを挙げた。太陽光発電では、家庭用で現在の30倍以上の1000万世帯に、工場などの産業用では100倍以上の4300万キロワットに引き上げる。

|

« 11年度の社会保障財源、6兆円不足 菅財務相「特会を徹底見直し」 | トップページ | 国保、赤字なお2300億円 08年度、保険料納付率は最低 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電1000万世帯に 政府、温暖化ガス削減へ行程表:

« 11年度の社会保障財源、6兆円不足 菅財務相「特会を徹底見直し」 | トップページ | 国保、赤字なお2300億円 08年度、保険料納付率は最低 »