« 07年度の1人当たり県民所得、0.7%増 | トップページ | 亀井担当相、郵政の関連企業「すべて見直し」 »

運転資金、不動産への流用禁止 中国当局、資産バブル防ぐ

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は、企業が銀行から借りた運転資金を不動産の購入などに流用することを禁じる政令を施行した。中国では金融緩和の下で急増した銀行融資の一部が不動産市場などに流れ込み、資産バブルの懸念が膨らんでいる。銀行融資の使い道を厳格に監視し、融資が本来の目的である実体経済に流れるようにする。

 政令は銀行が運転資金として企業に貸したカネを「固定資産や株式などへの投資に使ってはならない」と明記。守られなかった場合は関連規定に基づいて銀行などを処罰するとしている。中国では銀行と企業が契約で融資の用途を定めても「管理がいいかげんで、契約以外の目的に融資が使われている状況がある」(銀監会)という。

 中国の人民元貸出残高の増加額は2009年に9兆5900億元と08年の2倍近くに膨らんだ。今年に入っても融資は速いペースで増えており、資産バブルの懸念は消えていない。中国人民銀行(中央銀行)や銀監会は1月半ばから「窓口指導」と呼ばれる行政指導を強化して、銀行融資の抑制に動いている。

|

« 07年度の1人当たり県民所得、0.7%増 | トップページ | 亀井担当相、郵政の関連企業「すべて見直し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運転資金、不動産への流用禁止 中国当局、資産バブル防ぐ:

« 07年度の1人当たり県民所得、0.7%増 | トップページ | 亀井担当相、郵政の関連企業「すべて見直し」 »