« 環境車の電池リサイクル 三井金属・日産など事業化、市場拡大に弾み | トップページ

社長人事、守りから成長 主要企業、アジアなど海外重視

 日立製作所やNEC、キリンホールディングスなど主要企業のトップ交代が相次いでいる。各社とも経済危機による最悪期を脱し、「守り」から「成長」に軸足を移す。三菱商事がシンガポール駐在経験者を登用するなど、需要増が見込めるアジア市場の開拓を重視する事例も目立つ。

 日立は欧米などの海外経験が豊富な中西宏明副社長(63)が4月1日付で社長に昇格する。中西氏は「危機を脱する段階から、改革を加速する段階に変わった」と強調。2008年度に7870億円の連結最終赤字を計上し、昨年春に子会社会長から急きょ就任した川村隆会長兼社長(70)によるリストラが一段落したことを受け、成長路線へのシフトを急ぐ。

|

« 環境車の電池リサイクル 三井金属・日産など事業化、市場拡大に弾み | トップページ

コメント

http://navitime.me/ent/z8fpt6t/
欲求不満女ども相手に一週間ヤりまくったら
30万貯まっててワラタww

ヤり目的だったけどこんなに貯金増えるとかウマ過ぎだろjk

投稿: TIGER | 2010年7月 5日 (月) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長人事、守りから成長 主要企業、アジアなど海外重視:

« 環境車の電池リサイクル 三井金属・日産など事業化、市場拡大に弾み | トップページ